読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成29年度 西条YEG会長ブログ

第36代会長の花山葵です。本業はバイクショップです。YEGの事、日々の出来事、気ままに綴っていきます。立ち寄ってみてくださいね。

世界は授業では教えてくれない事に充ち満ちている。

先生に勉強以外で教わった事って、覚えている事多いですよね。

 

中学生の時の担任の先生が言った言葉で印象的だったものがあります。

 

多分こんな言葉でした。

 

「五人目に好きになった人と結婚すると上手くいく。」

 

 

 

どういう思惑で、

そんな言葉を、

中坊に発したかは察する事はできず、

当時の僕には、

まぁまぁ衝撃的だったわけで。

 

今好きな人とは結婚できんやん先生。

と心の中で吠えたのを覚えています。

 

 

当時から汚れていませんでした。

 

 

何の根拠で5人目なのかとかは抜きにして。

皆さんもこの際に、数えてみて下さい。

 

 

 

 

 

どうです?

 

五人目の人が隣に居ますか?

 

 

 

 ん?

 

 

あの子はカウントしないでおこう♪

とか、勝手な解釈は無しね。

 

 

 

 

 

f:id:aoi-hanayama:20170518030831j:image

この人は、101回もプロポーズしてたのにね。

Helpless

  うちの店でニュースレターを作成しています。もう四年目でしょうか。

 

その中ので、

「バイクが出てるだけで見たくなる映画」

というコラムを作っています。

 

いろんな映画を紹介しました。

 

今探してる映画があります。

 

f:id:aoi-hanayama:20170324213151j:image

「Helpless」

浅野忠信主演の映画。

ちなみ、出てくるバイクはこれ。

 

 

f:id:aoi-hanayama:20170324213225j:image

YAMAHA  SRX400

 

出てくるシーンは、歯切れのいい単気筒の音と二人乗り姿が印象的です。

 

 

この映画、借りようと思ったら、

無いんです。。。

 

 

当時、まだVideoだった時はあったんですが、DVDになると揃えて無いんでしょうか。

 

もう20年くらい前の映画だし。。。

 

無いと余計に見たくなります。

 

バイクが出てるだけで気になるのはバイク屋ならではかもしれませんが、

ドラマに出てるいだけで売れたバイクがありました。

 

 

 f:id:aoi-hanayama:20170325183618j:image

キムタクがカリスマ美容師役の

このバイク。 

懐かしー。

 

以前は、モノとして売れていた商品は、キムタクのカスタムしたコトの商品になり、

今は、あのヒトが作ってるからあのヒトから買おうとか、あのヒトのセンスに共感するとか。

モノからコト

そして

コトからヒト

にシフトしていってますね。

今はココをどう考えていくかが生き残りのカギなります。

 

Helpless見つけたら声かけてください。

広告を非表示にする

Let's BBQ

今日は友人宅でBBQ。

 

f:id:aoi-hanayama:20170521123721j:image

 

カーポートがあるってステキ。

f:id:aoi-hanayama:20170521123746j:image

 直射日光は頭皮を傷めますもの。

 

f:id:aoi-hanayama:20170521123855j:image

f:id:aoi-hanayama:20170521123909j:image

f:id:aoi-hanayama:20170521123918j:image

 

昼からまったり。

 

ゆったり。

 

f:id:aoi-hanayama:20170521124121j:image

 

ハートネットワークの山下君も

 

今日は

 

OFF DAY。

 

 

広告を非表示にする

あんちゃんの辛口。

昨晩は第6回目の三役会でした。

 

視察や家族会など、例会以外の事業も多く議案が出てきます。

やはり、三役会は役員会をスムーズに行うための調整機関です。

三役会で揉んでおいたものを委員会に反映し、役員会に臨んでください。

 

こんなお土産をいただきました。

 f:id:aoi-hanayama:20170520082219j:image

 東京のお土産。

f:id:aoi-hanayama:20170520082602j:image

 ほぼ唐辛子。

 

f:id:aoi-hanayama:20170520082610j:image

 ふだん何気に使う「激辛」という言葉は、1986年当時にできた新語のようです。

 

 

f:id:aoi-hanayama:20170520082651j:image

あんちゃん(兄ちゃん)ありがとうございました!

 

 

 

「辛いから、会の前には食べられんよ」

 

 僕は素直に受け止めたのですが、

 

このひとは、本能で生きるタイプです。

 f:id:aoi-hanayama:20170520082237j:image

 

隣で、すぐに袋を開けていました。

 

細かく割ったものを、途中で、そっとくれました。

 

 「めちゃくちゃ辛かった。。。」

 

 

彼は、以前から僕に食べ物を良くくれます。

 f:id:aoi-hanayama:20170520082458j:image

べつに、欲しがってるわけではないのですが。

 

 

 f:id:aoi-hanayama:20170520082545j:image

表情をみて楽しんでいるのでしょう。

 

 

 

 f:id:aoi-hanayama:20170520083254j:image

今回の三役会はサクッと無事終わり、懇親会へ。

 

 

f:id:aoi-hanayama:20170520082707j:image

f:id:aoi-hanayama:20170520082717j:image

皆さんお疲れ様。

 

 

 

この方は、「40歳から始めるシリーズ」の話をしてくれました。

 f:id:aoi-hanayama:20170520082730j:image

目がちょっと小さくなるのが、酔っている目安になります。

 

がんばってください。

 

応援してます!

 

 

広告を非表示にする

サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー

通称SSTR。

f:id:aoi-hanayama:20170518232602j:image

SSTRとは
日の出とともに自身で定めた日本列島の東海岸からスタートし、日の入りまでに日本海側の石川県千里浜までに到着するラリーです。

順位や時間を競うのではなく、それぞれのライダーが自身の旅のテーマに沿い、無事にゴールゲートを通過し、全国から集ったライダー同士で交流を深める事を主な目的とした自己完結型のラリー。

 

昨年は9月に行なわれていましたが、今年は5月20日(土)21日(日)に行われます。 

日の出から日没までは約14時間。

 

太陽を追っかけながら日本全国ライダーが目的地に集結する。

 

 

これに参加されるお客様が点検に来られています。

 

その方は250ccのバイクで参加されるようです。

 

スタート地点は淡路島にしているみたいです。

 

そんな話をされてる目がキラキラしてます。

 

 

 

なんもかんも忘れて

できれば僕も、

日没まで走りたい。

 

 

 

人生を楽しむヒントがココには有ります。

 

f:id:aoi-hanayama:20170518232654j:image 

 

PTA執行部会

PTAの執行部会に参加して来た。

f:id:aoi-hanayama:20170518023816j:image

 

これも西条YEGの会長を仰せつかるともれなく付いてくるオプション

 

ではない。

 

f:id:aoi-hanayama:20170518023825j:image

 

僕の担当は、年に数回行なわれるリサイクル 活動を行う部会です。

 

会は変われど、執行部会での会の進行はYEGにも参考になります。

 

会は変われど、振り向けば、彼らがいます。

 

f:id:aoi-hanayama:20170518024224j:image

 

僕の運営専務は、この会では、何処かの誰かの副部長です。

 

ちょっと嫉妬です。

 

 

f:id:aoi-hanayama:20170518024350j:image

 

 PTA広報誌の撮影も行いました。

 

髪切った?

f:id:aoi-hanayama:20170518025735j:image

 男前になってない?

 

f:id:aoi-hanayama:20170518025756j:image

なってないか。

 

 

 PTA活動も地域を支える重要な事の一つです。

父さんたち頑張ろう^_^

広告を非表示にする

ハイティーンブギ。

「ハイティーン」

 

以前、市長とお話をさせていただいた時に、このキーワードが出てきました。

 

10代後半(16~19歳)の年齢層の事ですね。

 

この頃に夢中になっていたものは、生涯楽しめる趣味になる。

 

生涯顧客を得るための狙いとして、あるスキー場は、「ハイティーン割引」をしているという。

 

あの頃、楽しかった思い出は、また年を重ねても、またやりたくなり、思い出の地に帰ってくる。

 

うちらの商売なんかはまさにそれです。

 

特に、今の団塊の世代の方々はハイティーンの頃、バイクは一つのステータスだった時代です。

楽しかった思い出。。。

またバイクに復活するのはその頃の記憶がずっと残っているからなのでしょう。

 

今のハイティーンは何に興味を持っているのでしょうか。

 

今の大人が楽しい事をやっているのを見せるのも一つの手段でしょう。

 

まずは、自分の好きな事を。 

 

 f:id:aoi-hanayama:20170517070315j:image

広告を非表示にする