平成29年度 西条YEG会長ブログ

第36代会長の花山葵です。本業はバイクショップです。YEGの事、日々の出来事、気ままに綴っていきます。立ち寄ってみてくださいね。

家にいるかいないかではなく、ご飯がいるかいらないかなのである。

ここ最近家にいないので、無いかもしれないと思っていましたが

 

ありましたよ!

 

僕にも

 

鰻が。

 

f:id:aoi-hanayama:20170725201520j:image

 

土用の丑の日

 

今年は土用の期間と丑の日のタイミングがうまく重なって、二回あるそうですね。

次は、8月6日だそうです。

 

この日にこれを食べる習慣はよくあります。

以前ブログで挙げたサワラだったり、恵方巻きもそうですね。

 

鰻はなぜこの日に食べるか?

 

丑の日に「う」のつくものを食べると縁起が良いとされていたそうです。うどん、梅干しとか。

 

鰻って、夏のイメージ強いですが、旬は本来は冬だそうです。

 

夏に鰻が売れないと悩んでいてたうなぎ屋さんに「本日 土用の丑の日 」という看板を作って店先で鰻を焼いて売ったのが大成功してそれが広がって今に至るそうです。

 

そのアイデアを持っていたのは、

平賀源内

だそうです。

 

「う」のつく食べ物で、栄養価の高い鰻を夏に食べて夏バテ解消できる!

売れ行きが落ち込む夏を乗り切るアイデア

当時のマーケティング戦略が大成功したんですね。

 

 売上が落ち込む時期にどう動くかが大切です。